“虚 実”

一枚の額の中に、今の世の中を表現した照明。 映画の特殊効果、 ゲームの世界など、作られたバーチャル(虚の)世界はどんどんリアリテイを増し、 大切である筈の現実はどんどん影が薄くなっていっている。毎日のニュースは、映画で見た(まるで嘘の様な)若者の事件を流す。彼等はもしかして、“バーチャルと現実”二つの世界の境を理解出来ていないのかもしれない。まるで、実像の様な鮮明な薔薇の花は実際には虚像(プロジェクターからの投影画像)であり、虚像の様な額の中の花瓶の淡い光と影は実は実像によるものである(薔薇の花を投影する為の照射光が額の前に置いた透明な花瓶を通り抜ける事により生じる)“バーチャルと現実”が混じり合った現代社会、この照明はその世界を象徴的に表わしている。

design by Toshiki Satoji..

pag.1

pag.2

lighting - 2001
sponsor  AEM and OSRAM
Copyright © 2009 Toshi Satoji Design, all rights reserved

 

 

 

 

 

 

service

 

news

 

projects

 

profile

 

 

contact

 

link

 

reserved